• TOP
  • 含浸技術とは?
  • Imp reg woodの特長
  • 施工事例
  • 会社概要

素材にプラスαの機能を持たせ、性能を向上させる高い技術

木をはじめ鋳物やプラスチック、繊維などには目に見えない「巣穴」や「隙間」が存在します。 含浸技術とは、その穴に薬剤(含浸剤)を“浸透”させ、“固定化”させることで穴を埋める技術です。 耐久性が必要な素材の、機能を向上させる目的で行われています。

※注入方法は、JIS A 9002 「木質材料の加圧式保存処理方法」に準ずる。