お問合せ

  • TOP
  • 含浸技術とは?
  • Imp reg woodの特長
  • 施工事例
  • 会社概要
  • 含浸技術とは?
  • Imp reg woodの特長
  • 削孔支柱ピン工法
  • 点検業務
  • 製品一覧
  • 施工事例
  • 株式会社プラセラム
  • 多摩産材情報センター

点検業務

木部製品点検業務

点検には日常管理者が実施する「日常点検」と専門技術者による「定期点検」があります。
「定期点検」では、「日常点検」では発見や判断が困難な部位について“木材劣化診断士”等の専門技術者による点検を実施致します。

点検業務の流れ

  • 現地調査
  • 御見積
  • ご依頼
  • 事業計画書提出
  • 点検実施
  • 報告書提出

点検の要領

点検の内容には一次点検(定期点検)と二次点検(精密点検)があります。
一時点検については点検作業用の仮設工事等を伴わず点検可能な範囲にて主に以下の点検内容を行います。

点検方法 点検内容
目視 各部材の変色や変形・たわみ・亀裂等の他、腐朽箇所や子実態の有無・蟻害や蟻土の有無等を目視により確認します。
打診 健全な部分と痛みのある部材をテストハンマーで叩き比べ、異音や音の違いにより腐朽の有無を判断します。
刺診 千枚通し等で腐朽箇所を特定し、ピロディンを使用し木材の表面からピンを一定の強さで打ち込み、その深さを測定することにより腐朽の程度を確認することができます。
含水率測定 腐朽が発生しやすい箇所また、進行している部位については部材の含水率が高くなります。含水率を測定することにより腐朽発生の判断基準となります。
地際部 地際部周囲を一部掘削し、主に土等に埋まっている支柱や土台等の状態を確認します。

※基礎部については別途協議となります。

  • テストハンマー
    対象物を先端部で打診することにより異音や音の違いを聞き分ける事が出来ます。
  • 木材含水率計
    先端部分を対象木材の表面に当てることにより、対象木材の含水率測定が可能です。
  • ピロディン
    先端のピンを一定の力で対象物に貫入し、その深さを測定することで密度や腐朽・劣化等の判断をします。

    二次点検については、事前に点検内容の打合せ及び現地調査を行い、安全性を考慮した仮設工事等の必要性を判断し必要によりレジフトグラフや応力波速度測定器等の精密機器を使用した点検を行います。

  • レジストグラフ
    木材に直径3ミリ、長さ300ミリ程度のキリを挿入しキリにかかる抵抗値を計測する測定器です。抵抗値は機器内部の記録紙に波形により打ち出され大断面部材の内部状況を判断することが可能です。健全部分は大きい波形となり、腐食や虫害箇所の抵抗値は低い波形となります。
  • 応力波速度測定器
    物質に振動を与えるとその振動(衝撃)は地震の波のように伝達する原理を応用した測定機器です。打ち込みセンサーに衝撃を与え、発生するエネルギー(応力波)が受信センサーに到達するまでの時間を測定します。健全な材料の場合は伝達時間が短くなり、腐朽が発生している材料の場合は伝達時間が遅くなります。

    点検結果については各所部材ごとに、四段階で判定した報告書を劣化部位置図や部材の写真を添えて報告致します。
    必要に応じて点検結果をもとに補修や部材変更等の提案・設計等を行っております。